大きいお風呂の効能について

大きいお風呂はなぜほっとするの?

大きいお風呂の効能について

大きなお風呂では、大量の空気の流れと水の流れによりマイナスイオンが大量に発生します。 マイナスイオンには人の筋肉の緊張を解(ほぐ)す効果があります。
そのため、屋外型等の大きなお風呂では大量のマイナスイオンによる身体への癒し効果で、 日常の疲れを癒して新たな活力を養うのに最適な場所となっているのです。

現在のストレス社会において、 サラリーマンや主婦の方々にもスーパー銭湯が人気となっている理由の一つはここにあるのかもしれません。

身体を温める習慣づくりは、健康維持に大事って本当?

身体をしっかりと温めることは、血行の改善・血液循環を良くする上で大変重要です。 血液循環を良くすると体内臓器への栄養伝達が効率化され、各臓器の活動が活発化し血液中の老廃物の排泄機能が強化されます。 また血液の浄化により血栓(※)ができにくくなります。

さらに、身体を温めることは身体の抵抗力をつかさどる「白血球」の活動を活性化させ 免疫力を強化させるため、病気になりにくい身体づくりに大変効果的です。

このようなことから、日常生活の中で体を温める習慣を持つことが 日々の健康の維持強化にとってとても大切なことであるといえます。

※血栓…血管内で生じる血小板等の塊。血栓が生じることで血流が悪くなり、心筋梗塞や脳梗塞の原因にもなります。

» お風呂のご紹介についてはこちら

» 露天風呂「箕面美人の湯」についてはこちら

» 岩盤処のご案内についてはこちら

上に戻る