炭酸泉の効果とご利用方法について

炭酸泉の効果・効能や利用方法について説明しています。

炭酸泉とは?

「炭酸泉(たんさんせん)」とは、 一般にお湯の中に炭酸ガスが溶け込んでいるお風呂のことを言います。 炭酸泉には、天然の炭酸泉(二酸化炭素線)と、人工的にお湯に炭酸ガスを溶け込ませた人口の炭酸泉があり、温泉法上は、お湯1リットルに対して炭酸ガスが0.25g以上(250ppm)溶け込んだものを炭酸泉と定めています。 炭酸泉には、血流の改善をもたらすと効果があると考えられており、ヨーロッパでは古来より「心臓の湯」とも称され、循環系の治療・療養手法としても非常に注目されています。

日本では、スーパー銭湯などでの人工的な炭酸泉が広く用いられており、親しみやすいお風呂の一つとなっています。

炭酸泉の効果

血流の改善

炭酸泉では、体に付着し体内に浸透した炭酸ガスに血管を拡張する効果があるとされ、血流が改善し心臓の負担が軽減されると言われています。 そのため心臓病・高血圧・糖尿病・血栓・心筋梗塞などの予防・改善への効果が期待されています。

炭酸ガスの付着

肌へのスキンケア効果

炭酸泉は、人肌と同じPH4.5~5の弱酸性のお湯です。お肌を引き締める化粧水風呂として炭酸泉は美容・肌荒れ予防にも効果が期待できると言われています。

炭酸泉への効果的な入浴方法

15分から30分ほどを目安にじっくとつかります。体に付着した泡をはらって落としたりせず、静かに入浴しましょう。体調がすぐれない場合などは無理せずにお風呂から上がりましょう。

※複数のお風呂の種類がある銭湯などでは、最後に炭酸泉に入るのが効果的とも言われています。

水春で炭酸泉を楽しもう!

炭酸泉のご利用、炭酸泉や様々なお風呂をお楽しみいただける「天然温泉 水春」の各店舗をおすすめ致します。全店に炭酸泉(人口)を完備しております。